安らかな町

息抜きも重要

ビジネス街

福岡のいいところは海の幸が美味しいところです。福岡の海の幸といえばアラです。
アラは一般的にはクエとよばれる大型の高級魚です。ふぐよりも独特の旨みがあるという魚の王様です。
一度、食べてみるとその魅力がよくわかります。脂肪がのる秋から冬にかけての時期は特に格別です。
また、博多は大相撲九州場所が開かれる頃と時期を同じくして「唐津くんち」も行われます。この時期はちゃんこ鍋の具材としてアラの需要が高まりとても人気です。
この時期は、魚屋さんからアラのすがたが消えてしまうほどの人気です。なぜなら、魚屋に出回る前にほどんどが予約でおさえられてしまうからです。
唐津・博多では、お客様のおもてなしと言えばアラです。

アラは鍋の具材としてとても人気です。非常に大型の高級魚です。
大きく成長したマハタはカンナギと呼ばれて、100キロを超す大物も過去には釣り上げられました。釣り人のロマンあふれる魚でもあります。
寒い冬の時期がアラの旬です。また、漁獲量が少ない貴重な魚です。
釣り上げられたばかりの新鮮な身はお刺身でいただきます。その身は、透明感のあるほんのりピンク色をしています。
こりこりとした食感がたまりません。また、温かい鍋を気の知れた仲間たちと食べるのは最高です。
その身は適度に脂がのって、骨からは出汁の旨みがでます。また、皮は加熱をして煮ることによりプルプルのゼラチン状になります。
ポン酢などをつけて食べれば最高です。